放射能 デトックス

放射能の対策とデトックス方法

福島原発の爆発事故から年月が経ち、放射能への意識が日に日に下がっていますが、当サイトをご覧頂いている方は、放射能の危険性や原発が収束していないことなどを忘れることなく、真実の目を持って過ごしてきたのだと思います。

 

放射能の影響は数年後以降に爆発的に影響が出ると言われています。報道では、放射能による体の不調は全く流れてきませんので、注意していた方も、気が緩む頃ではないでしょうか?もしくは、そろそろ何か良い放射能の解毒、デトックス、排出方法が出てきていないのか?と様々な情報を探しているのかもしれません。

 

放射能デトックスについては、実は広島や長崎の原爆の際の経験から、ある一定の効果が認められているものがあります。当サイトでは、そういった過去の情報や最新情報などを融合させて、今後、力強くこの苦しい世界を生きていくサポートをさせて頂きたいと思います。

 

 

放射能デトックスの基本

放射能デトックスと聞くと、とにかく出すことが大事だと思ってしまいがちですが、これは必ずしも正解ではありません。放射能のデトックスに効果がある食品や方法もありますが、実際にはそんなに簡単なことではありませんし、また汗などを流してデトックスするにしても不要なものだけが排出されるような都合の良いものでもありません。

 

ですので、放射能対策としては、何か一つだけ行えばよいというわけでなく、体の仕組みも含めて理解した上で実践していくという姿勢が必要です。下記の3つを全て行うことがベストです。放射能デトックスの対策としてはこの3本柱を回し続けるというように考えてください。

 

小食、断食で入口を抑える
デトックス効果のある食品の摂取
汗、尿、便などで排泄する

 

小食、断食で入口を抑える

まず最初のステップとしては、放射性物質を含んだ食品をなるべく取らないことが重要です。とはいえ、現代社会では、放射能を全く防ぐことは難しいですし。放射能以外にも食品に含まれる添加物などの有害物質が体に与える影響も大きいです。

 

話がそれますが、健康の為には、放射能だけを避けるのではなく、食品添加物などの有害物質も避けなければ、目的としている「健康」は目指せません。しかし、それらの「毒」を完全に断ち切ることは、現代社会では、ほぼ無理です。ですので、日常的に小食やプチ断食を行い、そもそも放射能などの毒を摂取する絶対量を抑えることをオススメしています。

 

日常的なプチ断食がオススメの理由としては、内臓を休めデトックス効果もあり、さらに体に入る毒物も抑えることができるという一石二鳥の方法だからです。しかし、小食の場合は、その分食べるものは厳選して選ばなければなりませんので一手間増えます。

 

続きは下記ページにて解説しています。

 

小食、断食で入口を抑えるの詳細へ

 

 

デトックス効果のある食品の摂取

多くの方は、この部分に期待をしているのではないのでしょうか?放射能解毒に効果のある食品は、ネットで調べると出てきますので。しかし、どれほど効果があるのかどうかはイマイチ分かりませんし、真偽のほども不明確なものが多いです。

 

当サイトでは、体の仕組みも含めて解説し、少しでも皆様の健康のお役に立てるよに記事を書いていきます。

 

放射能デトックス効果で有名のは、味噌汁と玄米などではないでしょうか?確かに効果があるのですが、注意点もあります。また、それ以外にも効果があると言われていて、信頼できる情報を解説していますのでご覧ください。

 

続きは下記ページにて解説しています。

 

デトックス効果のある食品の摂取の詳細へ

 

 

汗、尿、便などで排泄する

体に入ったものは、体に溜まるか排泄されるの2種類しか道はありません。考えてみれば当たり前なんですが。ですので、体の外に出してしまえばいいんですが、簡単には放射性物質は出ていきません。

 

低温サウナ等を利用して解毒をしていくという方法があるのですが、その場合にもまた注意点があります。ですので、中途半端な情報で放射能デトックスに取り組むのは効果がないばかりか、逆にマイナス効果になってしまう場合も多いです。当サイトにて正しい知識を身につけてデトックスをしてください。

 

続きは下記ページにて解説しています。

 

汗、尿、便などで排泄するの詳細へ

 

 


HOME 内部被曝対策 放射能を解毒する食べ物 小食・断食で放射能を防ぐ 汗や尿便で排出